VMware

VMware仮想マシンクローンの自動化

更新日:

前回は仮想マシン作成の自動化を紹介しました。


今回は仮想マシンのクローンを自動化する備忘録です。

クローン実行時にカスタマイズ仕様を指定してるので、例えば Windows ならそのまま Sysprep も実行出来ます。


スクリプト実行前に、VMwareのモジュールをインポートしておきます。

VMware.PowerCLI
https://www.powershellgallery.com/packages/VMware.PowerCLI/12.0.0.15947286


1.仮想マシンクローン用スクリプト

Windows と Linux は「クローン対象」と「カスタマイズ仕様」の指定の違いのみで、スクリプト自体に違いはありません。

Import-Module VMware.PowerCLI
Connect-VIServer -Server vcsa -User root -Password "Passw0rd!" -Force

Write-Host "VMName:" -NoNewLine
$vmname = Read-Host

New-VM -Name $vmname -VMHost 'esx1' -VM 'TempServer' -Datastore 'datastore' -OSCustomizationSpec 'Customize' -Location 'Folder'

$vm = Get-VM $vmname
$vm | Start-VM
$vm | Open-VMConsoleWindow

Disconnect-VIServer -Confirm:$false




2.コマンドおよびオプションの説明

Import-Module VMware.PowerCLI

 ⇒PowerCLIモジュールをインポートします。

Connect-VIServer

 ⇒vCenter または ESXi に接続します。

オプション
Server接続先の vCenter またはESXi
Userログインユーザー
Passwordログインパスワード
Force証明書エラーを無視する


New-VM

  ⇒仮想マシンを作成します。

オプション
Name仮想マシン名
VMHostESXiホスト
VMクローン対象の仮想マシン
Datastoreクローン先データストア
OSCustomizationSpecカスタマイズ仕様
Locationクローン先のフォルダ
※vCenterを利用してる場合


Start-VM

 ⇒仮想マシンを起動します。

Open-VMConsoleWindow

 ⇒コンソールを起動します。

Disconnect-VIServer

 ⇒vCenter または ESXi から切断します。



VMware仮想マシンクローンの自動化については以上です。

広告




広告2




-VMware
-, , , ,

Copyright© LIGLOG INFRA JOURNAL , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.