Windows

Windowsでのサイズ指定ファイルの作成

更新日:

サイズを指定したファイルをコマンドで作成することが出来ます。


ディスクの空き容量監視やファイルコピーのテストなど、任意のサイズのファイルを作成したい時に便利です。


今回はサイズ指定のファイル作成方法を紹介します。


サイズ指定ファイルの作成


PowerShellとコマンドプロンプト、どちらでも実行可能です。


サイズは「バイト」指定なので注意してください。

fsutil file createnew <ファイルパス/ファイル名> <サイズ(バイト)>


実際に1GBのファイルを作成してみます。

C:\Windows>fsutil file createnew C:\work\test.txt 10000000000
ファイル C:\work\test.txt が作成されました


指定したパスに約1GBのファイルが作成されました。





管理者権限が無くてもコマンドを実行出来ますが、Cドライブ直下など、アクセス権がないパスはアクセス拒否されます。

C:\Windows>fsutil file createnew C:\test.txt 10000000000
エラー: アクセスが拒否されました。


また、すでに同じファイル名が存在する場合もエラーになります。

C:\Windows>fsutil file createnew C:\work\test.txt 10000000000
エラー: ファイルがあります。



サイズ指定のファイル作成手順については以上です。

広告




広告2




-Windows
-, , ,

Copyright© LIGLOG INFRA JOURNAL , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.