Azure Windows

Azure Virtual Desktop用マスターイメージのユーザー設定

投稿日:


一般的にWindows OSを大量展開する時は、マスターイメージを作成し、Sysprepを実行して初期化したものを展開します。

通常はSysprepによりユーザー設定も初期化されてしまいますが、応答ファイルを利用することでユーザー設定もカスタマイズすることが出来ます。


しかし、Azureでは応答ファイルが使用出来ません。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/troubleshoot/azure/virtual-machines/troubleshoot-unexpected-restart-error-during-vm-boot


Azure Virtual Desktop用のマスターイメージを作成する際に、ユーザー設定をカスタマイズ出来ないのはとても不便です。



今回は応答ファイルを使用せずにユーザー設定をカスタマイズする方法を紹介します。

なお、この方法は推奨されている方法ではないため、十分な検証の上、自己責任で実施してください。


ファイル名拡張子の表示

今回は例として「ファイル名拡張子」を表示する設定をマスターイメージに組み込みます。


1.まずは下記のコマンドで「NTUSER.DAT」をレジストリにロードします。

reg load "HKEY_USERS\TEMP" "C:\Users\Default\NTUSER.DAT"



2.次にファイル名拡張子を表示するレジストリを設定します。

他の設定もカスタマイズする場合、このタイミングで設定します。

reg add "HKEY_USERS\TEMP\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced" /v "HideFileExt" /t REG_DWORD /d "0" /f



3.最後に読み込んだ「NTUSER.DAT」をアンロードします。

reg unload "HKEY_USERS\TEMP"



設定完了後、Sysprepを実行しても設定が初期化されないことを確認します。


応答ファイルを利用しないユーザー設定のカスタマイズについては以上です。

広告




広告2




-Azure, Windows
-, ,

Copyright© LIGLOG INFRA JOURNAL , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.