Power Platform

Amazon Prime Videoの更新を Power Automate で通知する

更新日:

5月に実施された Microsoft 365 Virtual Marathon で発表された下記のセッションで、Amazon の Prime Video 更新通知について紹介がありました。


一石二鳥! Microsoft 365 を家庭で楽しく使ってスキルアップ! ( Home 365 )
https://speakerdeck.com/taichinakamura/shi-er-niao-microsoft-365-wojia-ting-dele-sikushi-tutesukiruatupu-home-365

今回はこの機能を実装してみたいと思います。


実際に参考にしたのは下記のサイトです。

Prime Videoの更新通知を Power Automateでつくる
https://qiita.com/h-nagao/items/fdbfcf4a7dae6373a224


早速、試したいと思います。


1.SharePointリストの作成

まずは SharePoint でリストを作成します。


1.SharePointにアクセスし、「サイトの作成」-「チームサイト」をクリックします。




2.「サイト名」に任意の名前を入力し、「次へ」をクリックします。




3.必要に応じてメンバーを追加し、「完了」をクリックします。




4.作成したサイトで「新規」-「リスト」をクリックします。




5.任意のリスト名を入力し、「作成」をクリックします。




6.作成したリストで「列の追加」から「数値」と「ハイパーリンク」をクリックし、エピソード数とURLの列を追加します。



7.「新規」をクリックし、新しいアイテムを作成します。

タイトルは任意の名前、URLに対象Prime VideoのURL、エピソード数に現在のエピソード数を入力します。




これでSharePointのリスト作成は完了です。



2.フロー作成

次は Power Automate でフローを作成します。


1.Power Automate にアクセスし、「新規」-「スケジュール - 一から作成」をクリックします。




2.「フロー名」を入力し、「作成」をクリックします。




3.タイムゾーンで日本を選択し、任意の実行時間を設定します。

今回は毎日18時に実行するように設定します。




4.SharePointの「複数の項目の取得」フローを追加し、SharePointで作成したサイトとリストを指定します。




5.「Apply to each」フローを追加し、「value」を指定します。

また、「HTTP」フローを追加し、方法に「Get」、URLに「URL」を指定します。




※「HTTP」はPuremium コネクタになります




6.「条件」フローを追加し、エピソード数の比較を設定します。

右側には下記の式を指定します。

int(split(split(body('HTTP'),'エピソード (')?[1],'')?[0])




7.「はい」の条件式に Teams の「メッセージを投稿する」フロー追加し、任意のメッセージ内容を指定します。

※通知先は Teams 以外でも構いません




8.SharePoint の「項目の更新」フローを追加し、更新対象のリストを指定します。

エピソード数は先程と同じ式を指定します。




これで Power Automate のフローは完成です。



3.動作確認

それでは実際にフローを実行してみましょう。

フローを実行すると Teams に下記のように通知されます。


また、SharePoint リストのエピソード数が更新されていることを確認します。




もし新しいエピソードがない場合は、条件式で「いいえ」になりフローはそのまま終了します。

広告




広告2




-Power Platform
-,

Copyright© LIGLOG INFRA JOURNAL , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.