Azure

Azure AD Connectのパスワードの書き戻しをPowerShellで設定する

投稿日:

Azure AD Connectの操作や設定は一般的には下記のGUIツールを使うことが多いと思います。

  • Azure AD Connect
  • Synchronization Service
  • Synchronization Rules Editor


Azure AD Connectにはパスワードの書き戻し機能がありますが、この設定をPowerShellで実施することが出来ます。

パスワードの書き戻しはAzure ADで変更したパスワードをオンプレADに反映するための設定です。

パスワードライトバックとも言われます。


パスワードの書き戻しを利用したセルフサービスパスワードリセット(SSPR)については下記をご覧ください。

セルフサービスパスワードリセット(SSPR)の設定


今回はAzure AD Connectでパスワードの書き戻しを設定するPowerShellのコマンドを紹介します。


1.現在の設定確認

下記のコマンドで現在の設定を確認します。

なお、引数のコネクタはAADのコネクタを指定します。

Get-ADSyncAADPasswordResetConfiguration -Connector <AAD Connector Name>


設定が有効の場合

Connector : <AAD Connector Name>
Enabled : True
ModifiedTimestamp : 2021/05/17 14:44:59
OnboardingRequiredStatus : NotRequired
ServiceStatus : Started


設定が無効の状態

Connector : <AAD Connector Name>
Enabled : False
ModifiedTimestamp : 2021/05/17 14:43:23
OnboardingRequiredStatus : NotRequired
ServiceStatus : Unknown



オンプレADのコネクタを指定した場合、下記のエラーが表示されます。

Get-ADSyncAADPasswordResetConfiguration : The Specified Connector type is not AAD. The actual value is AD. Please provide the name of a valid Windows Azure Active Directory Connector.




2.パスワード書き戻しの有効化

設定を有効化するには下記のコマンドを実行します。

引数のコネクタはAzure ADのコネクタを指定します。

Set-ADSyncAADPasswordResetConfiguration -Connector <AAD Connector Name> -Enable $true


正常に設定が反映されると下記が表示されます。

Password Reset Configuration for AAD connector <AAD Connector Name> updated.



3.パスワード書き戻しの無効化

設定を無効化するには下記のコマンドを実行します。

引数のコネクタはAzure ADのコネクタを指定します。

Set-ADSyncAADPasswordResetConfiguration -Connector <AAD Connector Name> -Enable $false


正常に設定が反映されると下記が表示されます。

Password Reset Configuration for AAD connector <AAD Connector Name> updated.




パスワードの書き戻しのPowerShellコマンドの紹介は以上です。

広告




広告2




-Azure
-, , ,

Copyright© LIGLOG INFRA JOURNAL , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.