Windows

業務効率化のためのエクスプローラー操作 ショートカットキー編

更新日:

業務効率化シリーズです。

前回はExcelのショートカットキーを紹介しましたが、今回はエクスプローラーのショートカットキーを紹介します。


1.作成、入力操作

Windows + E

「 Windows + E」は新規エクスプローラーを作成します 。

Ctrl + N

「Ctrl + N」は現在開いている階層と同じエクスプローラーを新規に作成します 。(複製)

Ctrl + Shift + N

「Ctrl + Shift + N」は新規フォルダを作成します。

F2

「F2」は選択しているフォルダ名やファイル名を編集します。

Alt + D

「Alt + D」はアドレスバーを編集します。

Ctrl + F

「Ctrl + F」は検索ウィンドウに入力します。



2.移動操作

Home

「Home」は一番上のフォルダまたはファイルに移動します。

End

「End」は一番下のフォルダまたはファイルに移動します。

Alt + ↑

「Alt + ↑」は1つ上の階層に移動します。

Alt + ←

「Alt + ←」は1つ前の階層に移動します。(上の階層ではなく前の履歴)

Alt + →

「Alt + →」は1つ先の階層に移動します。(下の階層ではなく先の履歴、履歴がない場合は移動しない)


3.削除操作

Delete

「Delete」はフォルダやファイルを削除し、ゴミ箱に移動します。

Shift + Delete

「Shift + Delete」はフォルダやファイルをゴミ箱に移動せず、完全に削除します。

Ctrl + W

「Ctrl + W」は選択しているエクスプローラーを削除します。



4.表示操作

Ctrl + +(テンキー)

「Ctrl + +(テンキー)」は列の幅を自動的に調整します。

Ctrl + Shift + 1

「Ctrl + Shift + 1」は表示を「特大アイコン」に変更します。

Ctrl + Shift + 2

「Ctrl + Shift + 2」は表示を「大アイコン」に変更します。

Ctrl + Shift + 3

「Ctrl + Shift + 3」は表示を「中アイコン」に変更します。

Ctrl + Shift + 4

「Ctrl + Shift + 4」は表示を「小アイコン」に変更します。

Ctrl + Shift + 5

「Ctrl + Shift + 5」は表示を「一覧」に変更します。

Ctrl + Shift + 6

「Ctrl + Shift + 6」は表示を「詳細」に変更します。

Ctrl + Shift + 7

「Ctrl + Shift + 7」は表示を「並べて表示」に変更します。

Ctrl + Shift + 8

「Ctrl + Shift + 8」は表示を「コンテンツ」に変更します。



5.その他操作

Shift + 右クリック

「Shift + 右クリック」はフォルダやファイルの詳細メニューを開きます。「パスのコピー」が可能です。

Alt + Enter

「Alt + Enter」はフォルダやファイルのプロパティを開きます。

広告




広告2




-Windows
-

Copyright© LIGLOG INFRA JOURNAL , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.