Azure

Azure AD Connectをインプレースアップグレードする

投稿日:

Azure AD Connectのアップグレードには下記の3種類あります。

  • 自動アップグレード
  • インプレースアップグレード
  • スウィング移行

サーバーのリプレースが不要な場合は「自動アップグレード」を第一候補とし、もし自動アップグレードが難しい環境の場合、「インプレースアップグレード」を実施します。

サーバーのリプレースが必要な場合は「スウィング移行」となります。

今回は「インプレースアップグレード」を実施してみます。

現在のバージョンは「1.4.38.0」となっています。




1.注意事項

インプレースアップグレードをする場合にいくつか注意点があります。

詳細はMicrosoftの公開情報を必ず確認してから実施するようにしてください。


1.1.構成が既定に戻る

インプレースアップグレードを実施すると、AADCの設定が既定値になります。

例えば、同期の規則をカスタマイズしている場合は、同期ルールが既定値になります。

そのため、構成をカスタマイズしている場合は、アップグレード後に再設定してから同期を再開する必要があります。


1.2.オブジェクト同期の中断

インプレースアップグレード中は同期が一時的に中断されます。

なお、パスワードの同期は実施されるようです。

業務時間外とまでは言いませんが、ADに変更を加えない時間帯に実施するようにしてください。


2.アップグレード実施

それでは実際にアップグレードを実施します。

1.MicrosoftのサイトからAzure AD Connectのインストーラーをダウンロードし、管理者権限で実行します。

2.「Azure Active Directory Connectのアップグレード」画面で「アップグレード」をクリックします。




3.「Azure ADに接続」画面でグローバル管理者アカウントを入力し、「次へ」をクリックします。




4.「構成の準備完了」画面で「アップグレード」をクリックします。

 ※アップグレード後に構成を変更する場合は、「構成が完了したら、同期プロセスを開始する」のチェックをオフにしてください




5.構成が完了したことを確認し、「終了」をクリックします。




6.Azure AD Connectのバージョンが「1.5.45.0」に上がったことを確認します。




以上でAzure AD Connectのインプレースアップグレードは完了です。

広告




広告2




-Azure
-, ,

Copyright© LIGLOG INFRA JOURNAL , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.