SCIMを使用してAzure ADとABMを同期する

SCIMを利用することでAzure ADのアカウントをApple Business Managerにプロビジョニングすることが出来ます。

Azure ADアカウントをプロビジョニングすることで、アカウントをAzure ADで一元管理することが出来ます。


今回はAzure ADとABMでプロビジョニングを構成します。

プロビジョニングの構成

1.Apple Business Managerにログインします。


2.「設定」-「データソース」-SCIMの「接続」をクリックします。



3.「トークン」と「テナントURL」をコピーします。



4.Azure AD管理画面で「Apple Business Manager」-「プロビジョニング」-「作業の開始」をクリックします。



5.下記の通り設定し、「テスト接続」をクリックします。

  • プロビジョニングモード:自動
  • テナントのURL:ABMでコピーした値
  • シークレットトークン:ABMでコピーした値


6.必要に応じて「マッピング」と「設定」を設定し、「保存」をクリックします。



7.「ユーザーとグループ」にプロビジョニング対象を追加します。



8.「プロビジョニングの開始」をクリックします。



9.Apple Business Managerで「データソース」を選択し、SCIMが接続済みであることを確認します。



10.Azure AD管理画面で「プロビジョニングログ」を選択し、プロビジョニングが成功していることを確認します。



これでAzure ADのアカウントがABMにプロビジョニングされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。