Office 365

共有メールボックスから送信したメールを送信済みアイテムに保存する

更新日:


共有メールボックスの所有者は、共有メールボックスのメールアドレスを差出人としてメールを送信することが出来ます。


しかし、送信したメールは共有メールボックスの送信済みアイテムではなく、所有者の送信済みアイテムに保存されます。

共有メールボックスは複数ユーザーで利用するため、各ユーザーが送信したメールが各ユーザーの送信済みアイテムに保存されてしまうと、一元管理が出来ません。


今回は共有メールボックスから送信したメールを共有メールボックスの送信済みアイテムに保存する方法を紹介します。


1.デフォルトの動作

設定を変更する前にデフォルトの動作を確認してみます。


1.「差出人」を共有メールボックスとしてメールを送信します。




2.送信者の「送信済みアイテム」を確認すると、送信メールが保存されています。



3.共有メールボックスの「送信済みアイテム」を確認すると、送信メールが保存されていません。





2.Microsoft 365管理センターで設定する

管理センターで共有メールボックスに送信メールが保存されるように設定します。


1.Microsoft 365管理センターにログインします。


2.「チームとグループ」-「共有メールボックス」を開き、対象の共有メールボックスをクリックします。




3.「送信済みアイテム」-「編集」をクリックします。




4.下記の設定を有効にし、「保存」をクリックします。

  • このメールボックスとして送信されたアイテムをコピーする
  • このメールボックスの代理人として送信されたアイテムをコピーする




3.PowerShellで設定する

次はPowerShellで共有メールボックスに送信メールが保存されるように設定します。


設定を有効にするには下記のコマンドを実行します。

Set-Mailbox -Identity <Identity or UserPrincipalName> -MessageCopyForSentAsEnabled $true -MessageCopyForSendOnBehalfEnabled $true


一括で設定するには下記のコマンドを実行します。

Import-Csv "C:\Work\Identity.csv" | ForEach-Object {Set-Mailbox -Identity $_.Identity -MessageCopyForSentAsEnabled $true -MessageCopyForSendOnBehalfEnabled $true}



設定を確認するには下記のコマンドを実行します。

Get-Mailbox -Identity <Identity or UserPrincipalName> | Select-Object UserPrincipalName,MessageCopyForSentAsEnabled,MessageCopyForSendOnBehalfEnabled




4.動作確認

最後に共有メールボックスの送信済みアイテムに送信メールが保存されることを確認します。


1.「差出人」を共有メールボックスとしてメールを送信します。




2.送信者の「送信済みアイテム」を確認すると、送信メールが保存されています。




3.共有メールボックスの「送信済みアイテム」を確認すると、送信メールが保存されています。




共有メールボックスから送信したメールを共有メールボックスの送信済みアイテムに保存する方法は以上です。

広告




広告2




-Office 365
-,

Copyright© LIGLOG INFRA JOURNAL , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.