Azure AD

Azure AD Connectの構成情報を確認する

投稿日:


Azure AD Connectの構成情報はPowerShellで取得することが出来ます。

構成情報を取得する方法は下記をご参照ください。

Azure AD Connectの設定をPowerShellで取得する
※4.構成情報エクスポート


構成情報には下記の情報などが含まれています。

  • サインイン方式
  • 同期オプション
  • 同期スケジュール
  • コネクタ情報
  • 同期対象OU、同期対象外OU
  • 同期ルール

しかし、この構成情報はXMLファイルのため、そのままでは見づらいです。

今回は構成情報を見やすいようにする方法を紹介します。


1.Azure AD Connect Sync Configuration Documenter

Azure AD Connect Sync Configuration Documenterを利用すると、構成情報のXMLファイルを成型してHTMLファイルに出力することが出来ます。


1.下記のリンクから「AzureADConnectSyncDocumenter.zip」をダウンロードします。

https://github.com/Microsoft/AADConnectConfigDocumenter/releases


2.「AzureADConnectSyncDocumenter.zip」を展開します。


3.下記の構成情報を「Data」フォルダを作成し配置します。

  • Connectors
  • GlobalSettings
  • SynchronizationRules

C:\Work\AzureADConnectSyncDocumenter\Data\<AADCホスト名>\

※AADCサーバーが複数台ある場合や比較対象のAADCサーバーがある場合は、ホスト名のフォルダをそれぞれ作成して構成情報を配置します



4.「AzureADConnectSyncDocumenter-contoso.cmd」を開き、下記の通りAADCのフォルダ名に修正します。

※比較する場合は比較対象のフォルダ、1台だけ確認する場合は同じ値を指定します(1台確認でも複数指定が必要)

AzureADConnectSyncDocumenterCmd.exe "<AADCホスト名>" "<AADCホスト名>"



5.「AzureADConnectSyncDocumenter-contoso.cmd」のファイル名を「AzureADConnectSyncDocumenter.cmd」に修正し、実行します。

.\AzureADConnectSyncDocumenter.cmd



6.「Report」フォルダ配下に「AADC_AppliedTo_AADC_AADConnectSync_report.html」が作成されるので開きます。


「Global Settings」には同期オプションやサインイン方式、同期スケジュールが記載されています。



「Partitions Information」には同期対象OUが記載されています。





2.ツール以外の方法

「GlobalSettings」と「Connector」に関しては、PowerShellで簡易的に表示可能です。

2.1.GlobalSettings

まずは「GlobalSettings」を確認する方法です。


PowerShellでXMLファイルが存在するフォルダに移動し、下記のコマンドを実行します。

Select-Xml -Path .\MV.xml -XPath "/saved-mv-configuration/mv-data/parameter-values/parameter" | Select-Object -ExpandProperty Node | Format-Table



2.2.Connector

次は「Connector」を確認する方法です。


PowerShellでXMLファイルが存在するフォルダに移動し、下記のコマンドを実行します。

※コネクタにはAD用とAAD用があります

Select-Xml -Path '.\Connector_{xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}.xml' -XPath "/ma-data" | Select-Object -ExpandProperty Node



ADのコネクタに関しては同期対象OUおよび同期対象外OUを確認出来ます。

Select-Xml -Path '.\Connector_{xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}.xml' -XPath "/ma-data/ma-partition-data/partition/filter/containers/inclusions" | Select-Object -ExpandProperty Node

Select-Xml -Path '.\Connector_{xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}.xml' -XPath "/ma-data/ma-partition-data/partition/filter/containers/exclusions" | Select-Object -ExpandProperty Node



対象OUが多いと全て表示されないので、その場合は下記コマンドで展開します。

Select-Xml -Path '.\Connector_{xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}.xml' -XPath "/ma-data/ma-partition-data/partition/filter/containers/inclusions" | Select-Object -ExpandProperty Node | Select-Object -ExpandProperty inclusion

Select-Xml -Path '.\Connector_{xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}.xml' -XPath "/ma-data/ma-partition-data/partition/filter/containers/exclusions" | Select-Object -ExpandProperty Node | Select-Object -ExpandProperty exclusion




Azure AD Connectの構成情報を確認する方法は以上です。

広告




広告2




-Azure AD
-, ,

Copyright© LIGLOG INFRA JOURNAL , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.