Azure AD Office 365

Azure ADの管理単位でユーザー管理を委任する

投稿日:


Azure ADには「管理単位」という機能があります。

この機能を利用することで、例えば部門を管理するユーザーに対して、部門内のメンバーのユーザーを管理する権限を委任することが出来ます。


例として下記の権限を委任することが出来ます。

  • ユーザーのパスワードリセット
  • ユーザーのブロック解除
  • ライセンス割り当て
  • MFA等の認証情報の設定


これらの権限を各部門に委任することでヘルプデスクの負荷が減ります。

今回はAzure ADの管理単位を利用してユーザー管理を委任する方法を紹介します。


1.管理単位の作成

1.Azure AD管理センターを開きます。


2.「管理単位」-「追加」をクリックします。




3.任意の名前を指定し、「次へ:ロールの割り当て」をクリックします。




4.割り当てたいロールを選択します。今回は「ヘルプデスク管理者」を選択します。




5.管理者ロールを割り当てるユーザーを選択し、「追加」をクリックします。

※管理者ロールを割り当てるユーザーには、Azure AD Premium P1またはP2が必要です




6.「割り当て済み」に反映されたことを確認し、「次へ:確認および作成」をクリックします。




7.「作成」をクリックします。




8.管理単位が作成されたことを確認します。





2.管理対象ユーザーを追加

先ほど作成した管理単位に管理対象のユーザーを追加します。


1.先ほど作成した管理単位を開き、「ユーザー」-「メンバーの追加」をクリックします。

※グループを追加してもメンバーには適用されないので、ユーザーを直接追加する必要があります




2.管理対象ユーザーを選択し、「選択」をクリックします。




3.メンバーが追加されたことを確認します。





3.パスワードリセットの実施

それでは実際にパスワードをリセットしてみます。


1.管理者ロールを割り当てたユーザーでAzure AD管理センターにログインします。


2.パスワードをリセットする対象ユーザーのプロファイル画面を開き、「パスワードリセット」をクリックします。




管理者ロールが正常に割り当てられている場合はパスワードのリセットが可能です。




管理者ロールが割り当てられていない場合はリセットが出来ません。




管理単位を利用したユーザー管理の委任方法は以上です。

広告




広告2




-Azure AD, Office 365
-

Copyright© LIGLOG INFRA JOURNAL , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.