Azure

AzureでWindows 10のVMを作成する

更新日:


Azureのサブスクリプションを持っているとIaaSやPaaS、ネットワークなど様々なサービスを利用出来ます。

その中でも多く利用されるのが Virtual Machine (VM)です。


AzureのVMでは下記のOSなど、様々なVMを構築出来ます。

  • Windows 10
  • Windows Server
  • Red Hat Enterprise Linux
  • CentOS
  • Ubuntu


今回はWindows 10のVM作成手順を紹介します。


仮想マシンの作成


1.Azureポータルへログインします。


2.検索欄に「Virtual」と入力し、「Virtual Machines」をクリックします。




3.「作成」-「仮想マシン」をクリックします。




4.下記の通り設定し、「次:ディスク」をクリックします。

項目
仮想マシン名任意の値を指定
地域(Asia Pacific)東日本
可用性オプションインフラストラクチャ冗長は必要ありません
イメージWindows 10 Pro, Version 20H2 - Gen1
Azureスポットインスタンス
※有効にすると割引価格で未使用の Azure 容量が提供される
管理者アカウントVMのローカル管理者アカウント
※パスワードは12文字以上
パブリック受信ポート選択したポートを許可する
※公開しない場合は「なし」に設定
受信ポートを選択RDP(3389)
ライセンス



5.下記の通り設定し、「次:ネットワーク」をクリックします。

項目
OSディスクの種類Premium SSD (ローカル冗長ストレージ)
暗号化の種類(既定)プラットフォームマネージドキーを使用した保存時の暗号化
データディスク無し
マネージドディスクを使用
エフェメラルOSディスク
※VMのストレージに作成され、リモートAzure Storageには保持されないため、停止しないVMでのみ利用します



6.下記の通り設定し、「次:管理」をクリックします。

項目
仮想ネットワーク(新規)
サブネット(新規)
パブリックIP(新規)
NICネットワークセキュリティグループBasic
※管理を簡素化するには、VMのNICではなくサブネットにNSGを関連付けることをお勧めします
パブリック受信ポート※「基本」と連動してます
負荷分散



7.下記の通り設定し、「次:詳細」をクリックします。

項目
ブート診断マネージドストレージアカウントで有効にする(推奨)
OSのゲスト診断を有効にする
※VMのメトリックを 1 分ごとに取得し、アラートを作成したり、アプリ情報を把握したりします。(要ストレージアカウント)
システム割り当てマネージドID
※Azure ADでログインする場合は必須
Azure ADでログインする
自動シャットダウンを有効にする
ホットパッチを有効にする
パッチオーケストレーションオプションOSによる自動処理 (Windows の自動更新)



8.下記の通り設定し、「次:タグ」をクリックします。

項目
拡張機能無し
※構成管理やウイルス対策保護などを追加できます。
カスタムデータ無し
※プロビジョニング時にスクリプトまたはメタデータをVMに挿入できます。
ユーザーデータの有効化
※プロビジョニング時にスクリプトまたはメタデータをVMに挿入できます。プロビジョニング後に Azure Instance Metadata Service (IMDS) からユーザー データにアクセスできます。
ホストグループ無し
※物理サーバーを専有して使うことができます。
近接配置グループ無し
※同じDCに設置し、物理的にVM間の距離を短くすることで、VM間の通信速度が向上します。
VMの世代Gen2



9.任意のタグを設定し、「次:確認および作成」をクリックします。




10.「作成」をクリックします。




11.「デプロイが完了しました」と表示されることを確認します。




Azure上でWindows 10のVM作成については以上です。

広告




広告2




-Azure
-

Copyright© LIGLOG INFRA JOURNAL , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.