Office 365

Microsoft 365 Appsを共有コンピューターで利用する

更新日:

Microsoft 365 Apps (旧Office 365)を共有コンピューターで利用する場合があると思いますが、その場合、Microsoft 365 Appsの共有ライセンスを有効化する必要があります。


今回は共有ライセンスの有効化について紹介します。


なお、Office 2019やVisioなども同様の方法で共有ライセンスを有効化することが出来ます。


1.共有ライセンスの有効化方法

共有ライセンスを有効にするには下記の方法があります。

Officeが未インストールの場合

  1. Office展開ツール (Office Deployment Tool)


Officeがインストール済みの場合

  1. グループポリシー
  2. レジストリ
  3. Microsoftサポート/回復アシスタント

以上の4つの方法について紹介します。



2.Office展開ツール

通常、Microsoft 365 Appsをインストールする場合、Office 365ポータルサイトからインストーラーをダウンロードして実行します。


この方法でインストールしても共有ライセンスは有効になりません。

そのため、Office展開ツールを利用してMicrosoft 365 Appsをカスタムインストールする必要があります。

1.下記サイトからOffice展開ツールをダウンロードします。

Office Deployment Tool
https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=49117

2.ダウンロードしたファイルを管理者として実行します。

3.ライセンスに同意し、「Continue」をクリックします。




4.任意の展開先を指定し、「OK」をクリックします。




5.展開が完了することを確認し、「OK」をクリックします。




6.インストール対象の「configuration-Office<xxxxxx>.xml」に下記を記載します。

<Property Name="SharedComputerLicensing" Value="1" />


xmlファイルの書き方については下記をご参照ください。

Office 展開ツールのオプションの構成
https://docs.microsoft.com/ja-jp/deployoffice/office-deployment-tool-configuration-options

もしくは下記のOfficeカスタマイズツールでxmlファイルを作成します。

Office カスタマイズ ツール
https://config.office.com/


7.xmlファイルが完成したら、下記のコマンドでインストールを開始します。

setup.exe /configure configuration-<xxxxxx>.xml




3.グループポリシー

次はグループポリシーを利用した設定です。

Microsoft 365 Apps for businessはグループポリシーの利用をサポートしていないため、他の方法で実施する必要がありますので注意してください。

1.下記サイトからOffice用管理テンプレートファイルをダウンロードします。

Office 用管理テンプレート ファイル (ADMX/ADML)
https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=49030

2.ダウンロードしたファイルを管理者として実行します。

3.ライセンスに同意し、「Continue」をクリックします。




4.任意の展開先を指定し、「OK」をクリックします。




5.展開が完了することを確認し、「OK」をクリックします。




6.admxファイルをセントラルストアの「PolicyDefinitions」配下に配置します。

セントラルストアについてはこちら
GPO用のセントラルストアの作成


7.ADサーバーの「グループポリシーの管理」で下記の設定を有効にします。

  • パス:[コンピューターの構成]-[ポリシー]-[管理用テンプレート]-[Microsoft Office 2016 (マシン)]-[ライセンスの設定]
  • 設定:共有コンピューターのライセンス認証を使用
  • 状態:有効




4.レジストリ

次はレジストリを使用した設定です。

個人的にはカスタムインストールの要件がない場合、レジストリが一番簡単に出来るのでおすすめです。

1.「ファイル名を指定して実行」で「regedit」と入力し、「OK」をクリックします。


2.下記のレジストリを設定します。

  • キー:HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\ClickToRun\Configuration
  • 名前:SharedComputerLicensing
  • 種類:REG_SZ
  • データ:1



5.Microsoftサポート/回復アシスタント

最後にMicrosoftサポート/回復アシスタントというツールを利用した方法です。

1.下記サイトからMicrosoftサポート/回復アシスタントをダウンロードします。

Microsoft サポート/回復アシスタント
https://aka.ms/SaRA_OfficeSCA_Docs

2.ダウンロードしたファイルを管理者として実行します。

3.「インストール」をクリックします。




4.ライセンス画面で、「同意する」をクリックします。




5.Officeに使用するアカウントを入力し、「開始」をクリックします。




6.「はい」を選択し、「次へ」をクリックします。




7.「再起動」をクリックします。




8.「はい」を選択し、「次へ」をクリックします。




9.「共有コンピューターの問題が修正されました」と表示されることを確認します。




捕捉

既にMicrosoftサポート/回復アシスタントをインストール済みの場合、下記の通り設定します。

1.「Microsoftサポート/回復アシスタント」を起動します。


2.「Office」を選択し、「次へ」をクリックします。




3.「組織内のコンピューターまたはサーバーで、共有コンピューターのライセンス認証を使用してOfficeをセットアップします」を選択し、「次へ」をクリックします。




この後の手順は同様です。


以上でMicrosoft 365 Appsの共有ライセンス有効化は完了です。

広告




広告2




-Office 365
-, , ,

Copyright© LIGLOG INFRA JOURNAL , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.