Apple Business ManagerでAzure ADのSCIMトークンを更新する

Apple Business ManagerのSCIMトークンの有効期限は1年間です。

そのため、期限切れになる前にトークンを更新する必要があります。

SCIMトークンを使用した同期については下記をご参照ください。
SCIMを使用してAzure ADとApple Business Managerを同期する

SCIMトークンの更新

1.期限間近になるとAppleから通知メールが届きます。
 メール内の「環境設定に移動」をクリックします。



2.Apple Business Manager「編集」をクリックします。



3.「トークン生成」をクリックします。



4.トークンが生成されるので「コピー」をクリックします。



5.有効期限が1年後のトークンが生成されることを確認し、「完了」をクリックします。



6.「Azure AD」-「エンタープライズアプリケーション」-「Apple Business Manager」をクリックします。



7.「プロビジョニング」-「プロビジョニングの編集」をクリックします。



8.先ほどコピーしたトークンを「シークレットトークン」に張り付け、「テスト接続」をクリックします。
テストが正常に完了したら「保存」をクリックします。



9.Apple Business Managerに戻り、新しいトークンが有効化されている(緑色になっている)ことを確認し、古いトークンを削除します。



10.古いトークンが削除されたことを確認します。



Azure ADで作成したユーザーがApple Business Managerにプロビジョニングされればトークンの更新は完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です