EMS

IntuneによるWindows 10へのポータルサイトのインストール

投稿日:

Intuneは登録デバイスに対して様々なアプリを配布することが出来ます。

アプリの配布は強制インストールや任意インストールなどがあります。


任意インストールの場合はユーザー自身でインストールするアプリを選択してインストールすることが出来ます。

そのインストール可能なアプリはIntune用の「ポータルサイト」アプリ上で確認出来ます。


そのため、Intuneでアプリを任意インストール出来るようにするためには「ポータルサイト」が必要になります。

今回はWindows 10に「ポータルサイト」を強制インストールしたいと思います。


1.ビジネス向けMicrosoft Storeアカウントの関連付け

まずはIntuneとMicrosoft Storeを紐づけます。


1.「https://www.microsoft.com/business-store」にアクセスし、Microsoft 365管理者アカウントでログインします。


2.「管理」-「設定」をクリックします。




3.「配布」をクリックし、「Microsoft Intune」が「アクティブ」になっていない場合は、「アクティブ化」をクリックします。

「Microsoft Intune Enrollment」は関係ないので無視してください。




4.エンドポイント管理センターの「テナント管理」-「ビジネス向けMicrosoftストア」で同期状況を確認出来ます。





2.オフライン用パッケージの取得

次にIntuneで配布するオフライン用のアプリパッケージを取得します。


1.ビジネス向けMicrosoft Storeの検索欄で「Intune」と検索し、「ポータルサイト」をクリックします。




2.ライセンスの種類で「オフライン」を選択し、「アプリの入手」をクリックします。




3.アプリが正常に入手出来たら「閉じる」をクリックします。




4.ポータルサイトの「管理」をクリックします。




5.「プラットフォーム」や「バージョン」等を選択し、ダウンロードをクリックします。




6.その他のオフライン用パッケージもダウンロードします。





3.アプリ登録

パッケージのダウンロードが完了したら、Intuneで配布するアプリを作成します。


1.エンドポイント管理センターを開きます。


2.「アプリ」-「すべてのアプリ」-「追加」をクリックします。




3.「アプリの種類」で「基幹業務アプリ」を選択し、「選択」をクリックします。




4.「アプリパッケージファイルの選択」をクリックします。




5.「フォルダ」マークをクリックします。




6.ダウンロードしたパッケージファイルを選択します。

※ファイルを選択する時は全てのファイルを選択してください。




7.対象のアーキテクチャが「はい」になっていることを確認し、「OK」をクリックします。




8.「名前」、「説明」、「発行元」を設定し、「次へ」をクリックします。




9.適用対象を選択し、「次へ」をクリックします。




10.「作成」をクリックします。





4.インストール確認

アプリを作成したら実際にインストールされるか確認します。

※実際にインストールされるまでは時間がかかる場合があります


1.作成したアプリをクリックします。




2.デバイスごと及びユーザーごとの適用状態を確認します。




3.対象デバイスにポータルサイトが追加されていることを確認します。




Intuneでのポータルサイト配布は以上です。

広告




広告2




-EMS
-,

Copyright© LIGLOG INFRA JOURNAL , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.