VPPを使用してIntuneのiOS/iPadOSデバイスにアプリを一括配信する

1.Apple VPPトークンの作成

Intuneで利用する Apple VPPトークンを作成します。


1.Apple Business Managerにログインし、「設定」-「Appとブック」-サーバトークンの「ダウンロード」をクリックします。



2.エンドポイント管理センターにログインし、「テナント管理」-「コネクタとトークン」をクリックします。



3.「Apple VPP トークン」-「作成」をクリックします。



4.下記の通り設定し、「次へ」をクリックします。

  • トークン名:任意の値
  • Apple ID:ABMで利用しているApple ID
  • VPPトークンファイル:ABMでダウンロードしたトークン


5.下記の通り設定し、「次へ」をクリックします。

  • 別のMDMからトークンを制御します:いいえ
     ※「はい」にすると別のMDMからIntuneにトークンを再割り当てできます
  • 国/地域:任意の値
  • VPPアカウントの種類:「ビジネス」もしくは「教育」
  • アプリの自動更新:はい
  • ユーザー情報とデバイス情報の両方をAppleに送信するためのアクセス許可をMicrosoftに付与します:■


6.任意のスコープタグを設定し、「次へ」をクリックします。



7.「作成」をクリックします。




2.アプリの一括配信

Apple VPPトークンを作成したら実際にアプリを配信してみます。


1.Apple Business Managerにログインし、「Appとブック」-「Intune」で検索し、「Intuneポータルサイト」を選択します。
 数量を指定し、「入手」をクリックします。



2.アプリを購入したことを確認します。



3.エンドポイント管理センターにログインし、Apple VPP トークンの「…」-「同期」をクリックします。



4.同期完了後、アプリが追加されたことを確認し、クリックします。



5.「プロパティ」-割り当ての「編集」をクリックします。



6.アプリを配信するグループを割り当て、「レビューと保存」をクリックします。



7.「保存」をクリックします。



しばらくすると割り当てられたデバイスにアプリが配信されます。

なお、BYODデバイスに配信した場合、インストールの承認を求めるポップアップが表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。