Windows

Windows 10 Hyper-Vの有効化

更新日:

Hyper-Vとは、Microsoftが提供している仮想化ソフトウェアです。


昔はWindows Server用の機能として実装されていましたが、Windows 8からクライアントOSにも実装されました。

Hyper-Vの機能はデフォルトでは無効になっているので、利用する時は機能を有効にする必要があります。


もちろんWindows 10にもHyper-Vは実装されています。

なお、Hyper-Vを利用するには Pro Edition 以上が必要です。


Windows Server の Hyper-V と比べると機能が制限されていますが、Server OS のライセンスが不要なので、気軽に仮想化機能を使うことが出来ます。


今回は Windows 10 の Hyper-V を有効化する方法を紹介します。


1.Hyper-Vとは?

Hyper-VとはMicrosoft社が提供する仮想化技術です。


仮想化ソフトウェアには、ホスト型とハイパーバイザー型があります。

ホスト型はOS上に仮想化ソフトウェアをインストールしますが、ハイパーバイザー型は仮想化ソフトウェアを直接ハードウェアにインストールします。


Hyper-VはWindows OS上の機能として提供されており、一見ホスト型のように見えますが、実際にはハイパーバイザー型に分類されています。

これはHyper-Vを有効にすることで、ホストOSが内部的にはHyper-V上の仮想マシンとして実行されるためです。



2.前提条件

Windows 10 の Hyper-V は、Pro Edition以上のみ対応しています。

Home Editionは対応していないので注意してください。


また、CPU の仮想化支援を有効にする必要があります。(Intel VT-xなど)

手順についてはマザーボードのメーカーマニュアルをご確認ください。



3.GUI による有効化


1.コントロールパネルを開きます。


2.「プログラム」をクリックします。



3.「Windows の機能の有効化または無効化」をクリックします。

4.「Hyper-V」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。



5.「今すぐ再起動」をクリックします。




4.PowerShell による有効化


1.PowerShell を管理者権限で起動します。


2.次のコマンドで Hyper-V の有効・無効を確認できます。

Get-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Hyper-V-All


3.次のコマンドで Hyper-V を有効にします。
 有効化が完了したら「Y」を入力し、再起動します。

Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName Microsoft-Hyper-V-All




5.DISM による有効化


1.コマンドプロンプトまたは PowerShell を管理者権限で起動します。


2.次のコマンドで Hyper-V の有効・無効を確認できます。

Dism.exe /Online /Get-Features /Format:Table | Select-String Hyper-V


3.次のコマンドで Hyper-V を有効にします。
 有効化が完了したら「Y」を入力し、再起動します。

Dism.exe /Online /Enable-Features /FeatureName:Microsoft-Hyper-V-All



Windows 10のHyper-V有効化については以上です。

広告




広告2




-Windows
-, , ,

Copyright© LIGLOG INFRA JOURNAL , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.